自分が作成した商品をメルカリ・新ラクマで販売する

この記事では自分が作成した商品をメルカリ・新ラクマで販売するというテーマをお伝えします。

自分自身が作成した商品を販売することができれば、商品価格も自身で決めることができますし収益を安定的に出していくことができます。

また、価格競争に巻き込まれることも仕入れ先を見つけることもしなくて済みます。つまり、メリットが大きいのです。下記では具体的に自身が作成した商品を販売することについて解説しています。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

自分自身がメーカーになる

メルカリや新ラクマなどは、自分が作成した商品を販売するお店になります。一方の自分自身は商品を作って販売することから、いわゆるメーカーと捉えることが可能です。

メーカーになるということは、商品をブランド化して人を惹き付けたり、継続的に利益が上げられることを意味します。メーカーは商品の設計や開発それに収益の安定化といった高い自由度があります。

 

一般的には企業の特権に思われますが、インターネットが普及した現在では個人がメーカーになるのも容易です。むしろ積極的にそうなることで、新しいビジネスの可能性が手に入れられるようになります。

参考:メルカリ・新ラクマで稼ぐためには出品数を多くする

 

いい値で売れるようになる

自分がメーカーになる選択肢は、商品をいい値で販売できるチャンスに結び付きます。いい値とは文字通り売りたい価格のことで利益に直結する大切なポイントです。

既存の商品は既に価格が決まっているので、相場から掛け離れた金額で売るのは困難です。

 

一方のいい値は自由度が高く、好きな時に価格を変えられる点もメリットとなります。収益性が高い人気商品には高値を付ける、逆にこれからという商品には薄利多売で利益を出す方法があります。

いずれにしてもいい値はメーカーに与えられた自由の一つで、売上をアップさせられるやり方に変わります。

 

価格競争に巻き込まれない

メーカーになっていい値を付ける、これは巻き込まれたくない価格競争から距離を置く、一種の自己防衛策になります。価格競争は収束するまで続き、やがてはメーカーを疲弊させて経済の停滞を招くことさえあります。

大切なのは商品の価値を見誤らずに、適正な価格を付けて市場に送り出すことです。消費者は価格と価値のバランスが取れていれば納得して商品を買うものです。

 

また付加価値を付けたり、区別化を進めることで商品の価値は更に上がります。メルカリや新ラクマは、売り手の自由度がとても高いですから、価格競争に巻き込まれたくない人にとって魅力的です。

自分の立場を変えたり販売する場所やその方法を工夫することで、疲弊する価格競争から身を護ることができます。

 

収益が安定化する

収益の安定化はビジネスにとっての基本で、誰もが望んだり目指す目標です。いい値は売りたい価格で商品を売る方法ですから、将来を見据えた計画に沿って、安定的に利益が得られるようになります。

価格競争に巻き込まれないのが前提で、加えて利益率をアップできるのが理想的です。メルカリ、あるいは新ラクマは売り手の負担が小さく、また人気度の高さから販売チャンスが大きいのが魅力です。

 

自作商品も販売することができるので、誰にでもビジネスチャンスが与えられる場だといえるでしょう。ハードルが低いのも見逃せないポイントで、上手く軌道に乗せると収益が安定化する結果に繋がります。

参考:副業のメルカリ・新ラクマ転売で稼ぐまでの3ステップ

 

まとめ

自分が作成した商品をメルカリ・新ラクマで販売するというテーマをお伝えしてきましたが、あなた自身がメーカーになることが受けるメリットは大きいものです。

今現在、メルカリや新ラクマでは多くの方が自身が作った商品を販売しています。

昔はネットショップが主流でしたが、現在ではフリマアプリを活用して自身の商品を売っている人がたくさんいるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です