メルカリと新ラクマを徹底比較!稼ぎやすいのは?

この記事ではメルカリと新ラクマを徹底比較!稼ぎやすいのは?ということをお伝えしていきます。

メルカリと唯一のライバルである新ラクマですが、果たしてどちらが売れやすいのでしょうか?

フリマ市場は急速に伸びていますので、この辺りの知識をしっかりと入れておくことが稼ぐ秘訣と言えます。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

メルカリは圧倒的な会員数

メルカリは日本でのダウンロード数が6,000万を超えるなど圧倒的な会員数を誇ります。1日の出品数は100万品以上と言われ、毎日様々な商品が出品されているのです。

利用者が多いということは、それだけ出品した商品がユーザーの目に触れやすいと言うことです。提示した金額で購入される機会も多いことになります。

 

マーケティングやブランディングも積極的に実施しているメルカリは、順調にダウンロードを伸ばしているため、今後もユーザー数の伸びが期待できます。

どんなに良いサービスであっても、ユーザーがいなければ成り立ちません。その点では、一歩抜きん出ていると言えるでしょう。

参考:メルカリとオークションを比較し売れる方を解説

 

新ラクマは手数料無料

楽天が運営する新ラクマ。最大のメリットは販売時の手数料が無料だと言うことです。つまり、売れた金額分だけ自分の売上になります。フリマアプリと言うと販売手数料を収益源として運営していることがほとんどです。

なぜ手数料無料を実現できるかについては、運営母体の楽天の資金力や楽天サービスとの連携などが考えられます。

 

楽天を利用している人は、ポイントも使用できるため活用しやすいメリットもあります。メルカリでは販売手数料が10%かかります。高額な商品や出品する頻度が高いほど、メリットの大きさを実感できるでしょう。

 

売りやすさは変わらない

メルカリも新ラクマも、スマートフォンがあればすぐに出品できるようになっています。どちらもアプリ内のボタンからカメラで商品を撮影するか、すでに撮影した写真があればライブラリから選択し、価格や説明を加えるだけです。

メルカリでは出品手数料が10%かかりますが、これは商品が売れた時に求められるものです。そのため、出品する際のハードルは変わらないと言えるでしょう。

 

実際にどちらが売れやすいかにはユーザー数の影響が大きいですが、販売時の売りやすさに違いはありません。出品手数料やサービスを利用するための月額料金も必要ないため、気軽に出品することができます。

 

どちらもやることですぐに売れる

メルカリには会員数が多いことから、商品は売れやすいと言えます。ただ、新ラクマも認知度は少しずつ広がっており、ユーザー数の増加が期待できます。

また、商品が売れた際の手数料がかからないことは出品者にとって大きなメリットです。同じ価格なら当然ながら新ラクマの方がお得です。

 

そのため、どちらか一方に絞るのではなく、両方を活用することで売れやすくなります。購入前に申請の有無を設定しておけば、同時に売れた場合でもキャンセルをすることも可能です。

新ラクマで中々売れない場合はメルカリに出品するなど臨機応変な使い方もできます。

参考:メルカリ・新ラクマビジネスで成功する3つの大切なこと

 

まとめ

メルカリと新ラクマの比較でしたが、結論としてどちらもやった方が売れる確率は上がるということです。

新ラクマも急速に会員数を増やしていますし、なんといっても手数料が無料です。

どちらも出品し、売れたら片方を削除すれば売れる確率も格段に上がっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です