快進撃を続ける新ラクマで稼ぐ4つのテクニック

この記事では快進撃を続ける新ラクマで稼ぐ4つのテクニックをお伝えしていきます。

新ラクマはメルカリを追従する唯一のライバルであり、急速に会員数を増やしています。そこで新ラクマを活用した稼ぎ方のテクニックを4つご紹介します。

この方法をマスターすることができれば、新ラクマでの基本的な稼ぎはできるようになることでしょう。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

新ラクマで売れている商品をリサーチ

新ラクマで稼ぐためには、とにかく自分の商品をほかのユーザーに買ってもらわなければなりません。そのためには現在の需要を考慮することが必要で、どういった商品が売れているのかをリサーチすることが大切です。

リサーチはほかのフリマアプリで行うことも可能ですが、アプリごとに客層が異なるため新ラクマで稼ぐことが目的であれば新ラクマでリサーチをすることが適切です。

 

その際に重要なことは、自分が仕入れられる商品を探すという点です。自分の仕入れルートにあるカテゴリの商品に絞れば、リサーチに要する時間を短縮して効率化できます。

参考:ラクマで月10万稼ぐ基本的な仕組み

 

綺麗に商品を撮影する

売れ筋の商品をリサーチし、仕入れをすることができたら出品作業に移りますが、特に重視すべき事が商品画像の撮影です。

新ラクマをはじめとするフリマアプリを利用するユーザーは欲しい商品を検索するだけでなく、カテゴリ内の出品を見て気に入ったものを購入することが少なくありません。そのときに、出品画像が綺麗であればそれだけで購入してくれるのです。

 

また、目的の商品があって複数の出品者から出品されている場合、評価だけでなく商品の細部を確認するため画像が大切になります。綺麗に撮影しておけば商品状態のチェックに役立ちます。

 

検索されそうなキーワードを入れる

商品を出品したとしても、ほかのユーザーにその出品を見つけてもらわなければ売れることはありません。ほかのユーザーがどのようにして商品を探しているかというと、やはり欲しい商品名を検索していることが多くなっています。

 

そういったユーザーに対してはタイトルだけでも十分ですが、より購買層を広げるためにキーワードを活用しましょう。

商品説明欄にその商品に関連するキーワードを入れることで、ほかの商品を探しているユーザーの目に出品が入ることになり売れる可能性が高くなります。好みが近いブランド名などを入れておくことがおすすめです。

 

売れやすい価格帯をつける

出品した商品が売れるか否かを決める重要な要素の筆頭に挙げられるのが価格です。ほかに出品されている同じ商品や類似商品の価格と比べて高い価格が設定されているなら売れる可能性は低くなってしまいます。

しかし、売ることを優先しすぎて安い価格にしすぎると仕入れ値を割ってしまい売れたとしても赤字になってしまうのです。

 

そのため、利益を出しつつ確実に買ってもらえる価格帯を探ることが必要になるのです。希少価値が高いものでなければ、仕入れ値を割らない範囲でほかの出品よりも若干安い価格を設定してみましょう。すると多くの場合で買ってもらえます。

参考:フリマ転売で大活躍する「0円の仕入れ先」を公開

 

まとめ

新ラクマでの稼ぎ方の基本をお伝えしましたが、この基本が非常に重要です。

この基本を抑えた上で、各箇所を研ぎ澄ましていければ大きな収益を獲得することができます。

ぜひ、実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です