新ラクマで匿名配送するメリット・デメリット

新ラクマでの匿名配送のメリット・デメリットをお伝えします。

メルカリ同様、新ラクマでも匿名配送ができましたので、活用するための基本的な知識としてメリット・デメリットを理解していくことがおすすめです。

ケースバイケースで活用することで利益を最大化させることができるでしょう。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

匿名配送とは?

一般的に配送会社を使って宅急便を送る際に送り主と送り先の記入をしますが、送り主の住所をマスクして送り先の方に分からないように設定をする事ができます。この事を一般的に匿名配送と呼びます。

全ての配送業者で対応している訳ではなく、ごく一部である点には注意が必要です。これが出来た背景には送り主が特定される事によって、送り主側に不利益が生じないようにするための配慮で、オークションやフリーマーケットアプリなどで活用されます。

 

例えばインナーなどの洋服を出品して、かつ出品した方が女性の場合で仮に落札したのが男性の場合、出品側としては住所を知られたくないのが普通ですが、匿名に設定する事によって個人情報を保護する事ができるのです。

参考:メルカリ「匿名配送」の4つのメリット

 

匿名配送メリット

匿名配送を選ぶ一番のメリットは個人情報を保護できるという点です。

今まで宅急便を利用する際は送り主情報の記入は必須でしたし、今でも多くの配送業者の送り状の記入の際には必要です。

 

それが匿名にする事によって個人情報が保護されますので、落札者などに住所を知られたくない場合などには利用する価値が高いです。

出品した品から誰が出品したかというのは物によっては落札者に分かるものですし、IDなどから足がつく場合もあります。それが嫌で今までオークションやフリーマーケットアプリを使用していなかった方がもしいらっしゃるのであれば活性化する事もメリットです。

 

匿名配送デメリット

匿名配送のデメリットはあまりありません。ただし匿名配送は一部の宅配便だけのサービスですので、それ以外の配送業者を選択すれば配送料が安く済むのに匿名配送にする事で発送料が高くなってしまう場合が考えられます。

それ以外にも強いていうのであれば、同じ趣味を持った送り主と送り先の方は住所などが分かった場合、つながりが発生する可能性があります。

 

同じ趣味であれば話が合いますし友達になるきっかけとなる場合がありますが、個人情報保護のために匿名にしてしまう事で、そういったつながりのチャンスがなくなってしまう事はデメリットと言えます。

参考:初心者でもわかる!新ラクマの仕組みを徹底解説

 

まとめ

新ラクマでは匿名配送を選択する事ができます。もちろん従来通り、一般的な配送方法を選択する事もできますので個人の事情によって送り方を選べる事ができるのは嬉しいポイントです。

送り先が全く知らない、かつ遠方の方であれば住所を知られたところで別に感じる事はないですが、落札者が近くに住んでいる方などの場合は出品者の情報を知られたくない場合もあります。

ストーカーになられたら嫌ですし、変に近づいてこられてトラブルに巻き込まれたら嫌ですからこういった匿名配送を使った商品の発送は大いに利用価値がありますし活用したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です