副業のメルカリでサラリーマンにかかる売上と税金の認識

この記事では副業のメルカリでサラリーマンにかかる売上と税金の認識をお伝えしていきます。

メルカリ転売が有名になりつつありますが、日本では稼げば必ず税金を納めなければいけません。

なので、売上と税金の認識というものが副業をやる上でも大切な要素となります。

ここではサラリーマンに焦点をあてて売上と税金についてお伝えしていきます。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

サラリーマンが確定申告が必要な場合

一般的に本業以外の収入がないサラリーマンは確定申告をする必要がありません。

所属している会社が代わりに申告してくれるので、年末調整の書類を会社に提出するだけで済みます。

 

ただしサラリーマンでも、副業による収入がある場合は確定申告が必要になるケースもあるので要注意です。

収入があっても38万円までは必要がないという話を聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、それは副業ではなく本業として行っている場合に限られます。

あくまでも副業として行っている場合は、その所得が20万円以上の場合は必要になると考えておくと良いです。

参考:忘れると大変!メルカリで稼いだら必ず確定申告

 

自宅の不用品は売上にはならない

確定申告が必要だと聞くと、自宅の物を売るのに躊躇する人もいるでしょう。

しかし、販売しても必ずしも売上と見なされるわけではありません。

利益を得る目的ではなく、日常生活で使っていたものが不要になって買い取ってもらうだけの場合は売上にはならないです。

 

たとえば、趣味として購入したゲームソフトや外出時に使っていたコートなどを処分して金銭を得ても税金はかかりません。

ただし、高額な貴金属やプレミアが付いたりして購入した金額より高く売れる物は別です。

これらの場合は売上と見なされるケースがあるので注意してください。

 

経費を計上できる

税金の計算をするときは経費が重要なポイントになります。

販売するのにかかったお金を経費として計上することで税額を抑えられるからです。

 

たとえば、発送するのには梱包材の購入や送料が必要になります。

また、取引するときに銀行振り込みの手数料がかかるケースも多いです。その他にも、扱う商品によってはさまざまな経費がかかることもあるでしょう。

 

このように物を売るために使った出費に関しては、経費として認められる可能性が高いと考えられます。

ただし、やみくもに計上すると否認される恐れがあるので、不可欠であることを吟味することが大切です。

 

売上ではなく所得で把握する

物を売ると売上にばかり注目しがちですが、大切なのは所得をしっかり把握することです。

副業として販売を行っているサラリーマンのなかには、売上と所得の区別ができていない人が多く見受けられます。

経費を計上することで税金が安くなるのは、税額は所得によって決まるからです。

 

給与とは違って事業の報酬の場合は、受け取った金額がすべて手元に残るわけではありません。

その中から経費の支払いをする必要があり、そのうえで残った金額のみが自分のものになるのです。

その手元に残ったお金を所得といい、それに対して税金がかかってきます。

参考:メルカリ転売で儲かる商品を見つける方法+儲かる4商品

 

まとめ

サラリーマンの副業で売上と税金についての認識をお伝えしましたが、せっかく稼いだのに税金に関して知らなかったらあとで多くの税金を納付することになります。

そうならないように、しっかりと税金や経費計上に関しての知識をつけ所得をなるべく減らせるようにしていきたいところです。

サラリーマンとしての本業があれば、フリマ転売ビジネスは副業にあたりますので毎年確定申告が必要になることも必ず覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です