メルカリ凍結と再登録のマル秘テクニック

この記事ではメルカリ凍結と再登録のマル秘テクニックについてお伝えしていきます。

メルカリでは基本的に1つのアカウントしか保有できませんので、転売ビジネスをやっていく場合しっかりと運営しなければいけません。

そこで安全かつ大きく売上をだすための秘訣を解説します。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

メルカリで凍結する理由とは?

メルカリで使用しているアカウントが止められてしまう理由として多いのは短期の間に膨大な数の商品を出品する事をはじめ画像を外部から引用したり、マルチチャンネルを用いる事などが挙げられます。

他にも同じ品を多数出品していたり、一人でアカウントを複数個所持し運用させている事も停止される理由です。

 

当然、購入して頂いた方に対して偽物を販売していたり法律に違反する品を取り扱いしている事も停止される起因になりますし、言わずもがな他のユーザーに対し迷惑になる行為をしている際にも停止処分になり以後利用できなくなります。

 

メルカリへの再登録方法

使用していたアカウントが止められてしまった時には再登録しか術はないのですが、方法は一つのみならず2つのやり方に分かれています。

それは停止処分になったアカウントを復活させるか、新たにアカウントを登録するといった事のどちらかなのですが、復活させる方法に関しては強制退会という扱いになった時には利用不可の確率が高いです。

 

そのため再登録するのは自身の意志で退会手続をした場合に限るようにし、具体的な手順はアプリを一度アンインストールし、再度インストールし直した後に会員登録の画面にてログインを選びメールアドレスを用いてログインするという項目を選び、過去に登録していたアドレスや電話番号、パスワードを入力し復活させる旨のボタンを押してください。

参考:上級者だけが知るメルカリで月100万稼ぐ仕入先を公開

 

凍結しないよう管理する

当然の事ながらアカウントが凍結されるのは明瞭な理由があるので、それらの理由について知っておけば凍結されずにアカウントが運用できます。

基本になるのは他者からの通報や禁止されているワードの検出、出品する事が禁止されている物の取り扱いなどがあるのですが、悪気は無くても初心者を中心としてつい行ってしまいがちなのは出品の方法についでです。

 

具体的には一度出品したものの削除し、その後にもう一度再出品し直すという行為でありまだ慣れていない方の場合は、気持ちの整理が付いていないといった理由などで無意識的に行ってしまいますが、購入者が翻弄されてしまうので凍結の対象になります。

 

気をつければ自動出品ツールも利用できる

現在のメルカリはセキュリティの制度が厳しくなっており、システムが高度になっているのは当然のことながら、マンパワーによる監視も徹底されているのでかつてよりも自動化ツールの肩身が狭くなっているのは事実ですが、気をつけるとツールを活用する事も可能です。

ツールを導入すると取得した情報を元にして、ユーザーが作業をしなくても次々と出品してくれますが、アカウントが停止されないように気をつけるべきなのは、必ず設定の項目で自動出品する件数を低めに設定し直しておく事です。

人の手では不可能だと思われる程大量に出品されていると違和感があるので、アカウントが停止されてしまいます。

ただし、メルカリ自動出品ツールのリッチメルを利用すれば自動的に出品することができます。

参考:メルカリ自動出品ツール「リッチメル」

 

まとめ

以上、メルカリ凍結と再登録のマル秘テクニックでしたが、メルカリはフリマ転売ビジネスにおいて最も重要な販路です。

なので、適切に運営していくことが大きな結果に結びつきます。

また、サーバー型のツールは軒並み撤退していますので、現状で利用できるツールは自動出品ツールであるリッチメルしかないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です