メルカリの売上金が振り込まれるタイミング

この記事ではメルカリの売上金が振り込まれるタイミングについて解説していきます。

売上があがっても、申請しなければ売上金は振り込まれません。

そのタイミングをしっかり把握しておきましょう。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

振込タイミングは?

 

振込申請の締め切りは月曜になります。

振込は申請締め切りから数えて4営業日後となります。

 

なお、注意点としては

メルカリの売上振込は「申請してから4日後」ではなく

「振込申請をした日から直近の振込申請の締切日から4日後」です。

 

ここをしっかり気をつけておきたいところですね。

 

基本的には月曜日までに振込申請をして

その週の金曜日に振込がされると覚えておけば問題ありません。

参考:メルカリ転売で儲かる商品を見つける方法+儲かる4商品

 

売上金の具体的な振込日を知る方法

売上金の振込がされるタイミングはわかったけど、計算が面倒くさいという方に向けて

具体的な振込日を知る方法もご紹介していきます。

確認方法はとても簡単です。

 

まずメルカリを起動します。

そしてお問い合わせ→ガイド→振込申請とスケジュール→振込スケジュール

するとこのような画面が出ます。

メルカリ,振込,いつ

売上申請をする前にこの方法で確認しておくと良いでしょう。

 

メルカリから売上金は何時に振り込まれる?

さて、メルカリから売上金が振り込まれる日にちは分かったけど

一体何時に振り込まれるのでしょうか?

この答えは残念ながら一概には分かりません。

 

メルカリから売上金が振り込まれる時間帯は金融機関によって異なるからです。

銀行や郵便局でも違いますし、銀行でもそれぞれどの銀行なのかによっても変わってきます。

振り込み時間をメルカリに問い合わせても分からないので振込日は待ちとなります。

 

売上金の申請期限は決まっているのか?

メルカリでは売上金の有効期限が設定されています。

具体的には1年間になります。

その売上が上がってから1年を過ぎてしまうと

振込の申請をすることができませんので気を付けましょう。

 

ちなみに売上金はメルカリでの商品の購入代金に充てることも可能ですので

メルカリで売上が上がったらそのお金で商品を仕入れてAmazonで販売する

といったかたちでお金をぐるぐる回してどんどん増やしていく戦略もおすすめです。

 

わかりやすく説明すると

中国やAmazonから商品を仕入れ→メルカリで販売→

メルカリの売上金を使用してメルカリで仕入れ→Amazonやヤフオクなどで販売

といったイメージです。

 

こうすることによって、

初回仕入れ:500円→メルカリ販売:1000円→

メルカリ仕入れ:1000円→Amazon・ヤフオク販売→1500円

このようなかたちで最初の仕入れ金額が3倍になって

返ってくることもザラにあります。

 

メルカリだけでも十分販売できますが、販路拡大というのも視野に入れておきたいところです。

その際にもメルカリで素早く売りぬけることが大切ですから、自動化ツールなどを駆使してやっていくことがベストです。

 

メルカリ自動出品ツール「リッチメル」はこちらへ

⇒ 「リッチメルとは?」その詳細や仕組みを解剖

 

まとめ

転売ビジネスで必要なことは支払いサイクルを知るということです。

ここを知らずにやってしまうと、資金巡りに苦戦してしまいますからしっかり把握しておくことをおすすめします。

また、メルカリの売上金でどんどん資金を増やす策もおすすめですから、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です