メルカリで商品をたった3時間で売る4つのコツ

この記事ではメルカリで商品をたった3時間で売るコツをお伝えします。

今話題のメルカリですが、短時間で物を売る抜ける4つのテクニックをご紹介します。

この4つを理解すれば、あなたの商品は飛ぶように売れていくことでしょう。

 

メルカリ自動出品ツールのリッチメル

ついに登場!規制後でも問題なくスムーズに動く自動出品ツールです。出品作業を100分の1にして圧倒的な結果を出している人が続出中の今大注目のツールです。利用者数も急増中のリッチメルをぜひご利用ください。

✔︎メルカリ自動出品ツールのリッチメル

 

ターゲットをタイトルに入れる

欲しい商品を検索する時にはダイレクトに商品名で検索をするユーザーが多いので、ターゲットをタイトルに加える事が大切です。

ターゲットをタイトルに加える事により、欲しいユーザーに対して、効果的にアプローチする事が可能になり、短時間で商品を売ることが出来ます。

 

ターゲットをタイトルに上手く入れるコツとしては、母数が多いタイトルの場合には商品が埋もれてしまうので、複合したタイトルを入れる事により、購入を考えているユーザーに検索をしてもらう事ができるようになるので、効果的にキーワードを利用する様にしましょう。

 

売れる時間を把握する

商品によって求めるユーザーが違うので、商品を欲しいと考えているユーザーが利用する時間帯により商品ごとの売れる時間も異なります。

このため、自分が出している物がどの時間帯に多く売れているのか把握する事で、効率よく出品する事が可能になります。

 

これは売る商品によって全て時間が異なるので、地道にデータを取るようにして下さい。

多くのデータを集める事で、より売れている時間を把握する事が可能になり、出品した物をコンスタントに売り続ける事ができようになります。

売れる時間がわかる事で短時間でも多くの物を売る事が出来るようになり、効果的にアプリを使いこなす事が可能です。

参考:メルカリ転売で儲かる商品を見つける方法+儲かる4商品

 

具体的な用途を記載する

商品の写真を出すだけではユーザーがどの様な場面で使用するのか想定する事が難しいため、具体的な用途を記載する方が良いでしょう。

具体的な用途を記載する事により、商品を利用するイメージが湧きやすくなり、購買意欲を持ってもらう事が可能です。

 

具体的な用途を記載する際には使用する場面の記載を行う以外にも自分が商品を活用していた方法などを書くと更にリアリティがあるので、ユーザーにもイメージが伝わりやすくなります。

イメージが伝わるほど、自分が利用する時の場面を思い浮かべる事ができるので、購入を考えるユーザーが多くなります。

 

送料込みの料金にする

商品を購入する為のユーザーにとって、一番ネックなのが配達料金の計算が別計算される時です。

住んでいる場所によっても送料は変わる事が多いので、不公平に感じてしまうユーザーも居ます。

 

この為、商品を出す際には送料込みの料金にする事が大切です。送料込みの料金にするとユーザーは送料を計算する必要がなくなるので、購入をする時に総合計額がいくらになるのか計算する必要がなくなり、細かい計算をしなくても料金を割り出す事ができます。

更に送料込みなら料金的にもお得に感じてもらえる事が多いので、購入をしたいという考えるユーザーも多くなります。

参考:メルカリ自動出品ツール「リッチメル」

 

まとめ

以上、メルカリで商品をたった3時間で売る4つのコツでしたが、細かいところを気をつけることによって大きな成果になることができます。

この4つのテクニックを意識してメルカリで売上を伸ばしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です